「雑な」呼気検査、再現動画で1秒未満…日航

日本航空の男性副操縦士(42)が過剰な飲酒で英警察当局に逮捕された事件で、通報で空港の保安担当者が駆けつけた際、副操縦士がすでに機体に乗り込み、飲酒を否定していたことがわかった。日航は16日、経緯の調査結果や再発防止策を盛り込んだ報告書を国土交通省に提出した。

副操縦士は10月28日、ロンドン発羽田行きの便に乗務直前、基準値の10倍以上のアルコールが検出され、逮捕された。前夜にホテルでワイン2本強とビール1・8リットル以上を飲み、ホテルからヒースロー空港に送るバスの運転手が酒の臭いに気付いたが、空港での呼気検査では発覚しなかった。

日航は16日、都内で記者会見し、呼気検査の様子について、副操縦士と同乗予定でその場にいた機長を出演させた再現動画を流して説明。長距離便のため機長は2人おり、副操縦士役はうち1人から検査器を手渡され、口元に近づけたが、動画では、その時間は1秒にも満たなかった。

1人はその様子を見ていたが、とがめることはなく、もう1人はよそ見をしていた。見ていた機長は日航の聴取に「雑だと思ったが、許容範囲だと感じた」と答えたという。

副操縦士はその後の打ち合わせではほとんど話さず、搭乗機に移動。機内で客室乗務員らと打ち合わせをしていたところ、バスの運転手の連絡で搭乗機までやって来た保安担当者らに機長を通じて呼び出された。

副操縦士は保安担当者がアルコールの件を持ち出していないのに、「酒は飲んでいない」と発言し、「(口臭防止用の)マウスウォッシュを使ったのでうがいをしたい」と大声で叫んだという。出発45分前のことだった。