新型スイフトの中古車が買い得状況すぎて、実家の母に買わせようとしている件

私事ですが、先日うちの母(52歳)が中古車を購入したいということで相談を受けまして。「どんな車がいいの?」と聞いたところ「5人乗れるやつ。走れば何でもいい」と。ちなみに実家は、車がないと生活できない環境なので、一家に1台どころか1人1台というのがデフォルトです。当然、母も毎日の通勤やら買い物やらに使う“自分専用”の車を購入するわけですが、驚くほどにこだわりがない……。

元記事
新型スイフトの中古車が買い得状況すぎて、実家の母に買わせようとしている件

聞けば、今までは家族で代々お世話になっているディーラーさんにオススメされるがまま、新車を購入してきたのだとか。でも今回は、イレギュラーな理由で急に乗り替えなければいけなくなってしまい、出費を抑えるため、150万円前後の予算で、はじめての中古車購入に踏み切ったというわけです。

しかし「何でもいい」なんてサラッと言ってますけど、三ケタのお買いものですし、もうちょっとこだわりとかないもんですかね……。なんて思ったので、今回は、我が母にも本気ですすめている今買い時の中古車についてご紹介させていただきます! その中古車とはズバリ、スズキ スイフト(現行型)。

ではまず、我が母の要望を整理しましょう。

5人乗れて総額150万円前後の走る車……整理するほどでもありませんでしたね。しかし我が母ですので、次のようなおせっかいもわいてきました。
新車にしか乗ったことがないから、使用感のある中古車には馴染めないだろう。もう60手前だし、安全装備が充実している車に乗ってほしいのです。

つまりは『安全装備付きで新車クオリティの低走行車で軽以外のモデル』かつ『総額150万円前後』で手に入る物件をオススメして買わせたい。そんなわけです。なかなかわがままな条件に思えますが、これを叶えられるのが、現行スイフトなのです!

スイフトは2000年の発売以来、世界で530万台以上の販売台数を記録しているスズキを代表するコンパクトカー。その現行型、しかも、昨年末出たばかりのいわば「新型」が、こんな条件を満たしてくれるのです。総額150万円前後で出回っていたとしても台数は少なそうと思われるかもしれませんが、実はその心配もありません。本体価格140万円以下の物件で絞っても全国に約160台が出回っている状況。

予算が150万円前後となると、程度か装備かを妥協しなければいけないだろう……とあきらめている人もいるでしょう。でも、現行スイフトなら大丈夫! どちらも妥協せずに、そしてボディカラーなんかも十分に選ぶことができます。まだ希少ですが、セーフティパッケージ搭載車の購入も可能です。母が実際に買ってくれるかどうかは分かりませんが、このお得情報、ぜひ皆さんにもお伝えできればと思います。