西暦4413年に行ったタイムトラベラーが衝撃暴露! 「もはや人間は存在しておらず…」 英政府の極秘任務でわかった戦慄の未来

「もはや人間は存在していない」――。ロボットが支配する西暦4413年の世界に行ったタイムトラベラーがカメラの前で衝撃の未来を語っている。

■極秘任務でタイムトラベルテスト要員に

YouTubeチャンネル「ApexTV」にまた1人、新たな“自称”タイムトラベラーが登場した。彼は西暦4413年の世界を体験してきたという。

イングランド・レスター在住のルイス・ウォーカーと名乗るその男性が、タイムトラベルを体験するに至った経緯から旅の顛末までをカメラの前で語っている。彼は、これは人々が聞くに値する話であると訴える。

4413traveller1.JPG
 「Daily Star」の記事より

生まれも育ちもイングランド・レスターであるウォーカー氏は、父の導きで国防省に就職した。

働きはじめて数年がたち、妻子を持つ身になっていた1977年のある日、トップシークレットのプロジェクトに関わることになる。それはタイムトラベルのテスト要員になることであった。当時の時点でタイムマシンはまだ開発中であり、タイムトラベルが成功する確率は50%であったという。もし失敗すれば人命に関わることになり、二度と本来の時代に戻ることができなくなる。

それでも高額の報酬(25万ポンド、当時でおそらく5000万円以上)に惹かれてウォーカー氏はテスト要員になることを決意する。家族のためにもお金が必要であったという。

その夜、早くもウォーカー氏はヘリで政府の最高機密施設に連れて行かれた。そこにはさまざまな極秘開発中の機器があり、テレポーテーション機器やマインドリーディング装置などもあったということだ。そしていよいよタイムマシンの運用実験が始まった。

西暦4413年の世界を体験したタイムトラベラー 動画は「ApexTV」より

初めて見たタイムマシンは巨大な三角形のシルエットで、無数のケーブル類があらゆる方向に伸びていた。装置の中心付近に人一人入れる空間があり、用意された特殊なスーツに着替えたウォーカー氏はタイムマシンに乗り込んだ。

科学者がスタートボタンを押すと部屋全体を揺さぶるほどの振動が生じ、ウォーカー氏の視界は真っ白になったという。

■「この時代にはもはや人間は存在していない」

ウォーカー氏が目覚めるとそこは病院のベッドの上だった。身体にかけられていた毛布をまくると、自分がまだ特製スーツを着ていることがわかった。あたりを見回したがベッドのほかは何もない部屋であった。

「ハロー! 誰かいますか!」

と思わず叫んだウォーカー氏に返答したのは、明らかにロボットとわかる女性の声であった。

「ハロー、ルイス」

声の主らしきロボットの姿は見えなかったが、それでもウォーカー氏は現在の西暦を尋ねると、ロボットの声は今が西暦4413年であると答えた。実験計画ではウォーカー氏は600年先の未来に送られる手筈になっていたのだが、それよりもはるか先の未来に来たことになる。ひょっとすると実験は失敗したのだろうか。

ほどなくして何もなかった壁に扉が出現し、ウォーカー氏は部屋を出た。病院にはウォーカー氏以外に人間の姿は見当たらず、人間によく似たロボットだけが働いていた。

4413traveller2.JPG
Express」の記事より

1台のロボットに病院の出入り口を教えてもらったウォーカー氏は外に出たのだが、そこには見たこともない大都市の景観が広がっていた。空飛ぶ車が空にひしめき合い、街の通りはロボットで溢れかえっていたのだった。

幸運にも1人の人間の男性を発見したウォーカー氏は、その人物に駆け寄った。話してみると彼もまたタイムトラベラーで、2030年からやって来たということだった。

さらに彼の話によれば、タイムトラベル技術は2028年に公にされ、今いるこの4413年の世界は旅行先として人気のスポットであるという。そして「この時代にはもはや人間は存在していない」という驚きの事実を告げられたのである。

■「タイムステーション」から無料で帰路のタイムトラベル

この4413年の時代からもう随分も前に人類は科学技術と融合し、以来地球上はロボットだけになったという。

ウォーカー氏が近くにいた1台のロボットに話しかけてみると、その親切な対応にいたく感銘を受けたという。これまでの人生でこれほど親切な対応を受けたことはなく、人間よりはるかに頭の良いこのロボットがこんなにも親切で温かいことが奇妙に思えるほどであったという。

4413traveller3.JPG
 「Express」の記事より

試しにウォーカー氏はロボットに「自分がいた元の時代に帰る方法はないだろうか」と尋ねたところ、ロボットはあるひとつの建物を指差し、そこに「タイムステーション(時間駅)がある」と教えてくれた。なんとこの時代、タイムトラベルはそのタイムステーションから無料でどの時代にも行けるようになっているのだ。

さっそくタイムステーションに向かったウォーカー氏は駅員ロボットに行き先(1977年)と場所(英・レスター)を伝えると、タイムマシンの座席に座った。ロボットがタイムマシンを起動させると、行きと同じようにウォーカー氏の視界は真っ白になった。

目覚めた時、ウォーカー氏は無事に政府の極秘施設にいた。日時を確認すると、なんと出発の日から数週間が経過していたのだ。ウォーカー氏は4413年の世界に数分間しかいなかったように感じているという。とすればやはり旅の往路で何らかのトラブルがあり、ウォーカー氏が病院で目覚めたのもそうしたことが理由なのかもしれない。

淡々とした語り口調のウォーカー氏を見て動画のコメント欄には“俳優説”も流れているようだが、2028年にタイムトラベル技術が公開されるという話はほかの自称タイムトラベラーたちの話と一致していてなかなか興味深い。