FB偽アカウント21億件削除、拡散悪用の恐れ

【ニューヨーク=有光裕】米フェイスブック(FB)は15日、今年1~9月に計21億件を超える偽アカウントを削除したと発表した。「フェイク(偽)ニュース」や政治的プロパガンダの拡散に悪用されていた恐れがある。

FBによると、削除したアカウントの件数は、全体の3~4%にあたるという。1~3月に約5億8300万件、4~6月に約8億件、7~9月に約7億5400万件を削除した。

あらかじめ削除されることを想定し、コンピューターで自動的に次々とアカウントを作り出している例もあり、そうしたアカウントも今回削除の対象となった。

FBを巡っては、2016年の米大統領選で偽ニュースの拡散が問題となった。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は15日、投稿内容を削除するかどうかを判断する第三者機関を19年中に設置する考えを示した。